ガラスコーティング作業工程

ガラスコーティング作業工程

  • STEP 1  ボディーチェック
作業工程1

施工前にボディの状態をしっかり確認。
キズやヘコミの状態、磨きでどのレベルまでのキズ消すことができるかをお客様と一緒に確認をしながら丁寧にご説明いたします。

 

  • STEP 2  ホイール、タイヤハウスの洗浄
作業工程2

ボディ全体を洗車する前に、下回りの泥汚れ等を除去し、 ホイール・タイヤハウスの細部まで専用ケミカルを使用して汚れを落とします。

 

  • STEP 3  シャンプー洗車
作業工程3

弱アルカリ性の泡切れの良いシャンプーをバケツにたっぷり泡を立てて用意します。 ボディについた汚れを水圧で飛ばし、洗車用スポンジを使用前に洗浄します。
まずはルーフから。
洗車の順序は上から下へ。
1〜3パネルをディティールまでしっかりシャンプー洗浄後、すばやく水で洗い流します。 泡は乾かないうちに洗い流します。
最後にボディ全体をすすぎ残しのないよう、確認をしながら洗い流します。

 

  • STEP 4  鉄粉等の除去〜吹上げ
作業工程4

ボディには目には見えにくい小さな異物が刺さっています。 代表的な鉄粉や虫の死骸、鳥糞、樹液など、これらをトラップ粘土で丁寧に除去します。
鉄粉の付着がひどい場合は専用ケミカルを使用して鉄粉を溶かし、さらにトラップ粘土で除去します。
水分吹上げ後、細部に残った水はエアブローでしっかり水を切ります。
また、ドアの内側など普段の洗車では見落としがちな汚れは、専用ケミカルを使用して汚れを落としておきます。

 

  • STEP 5  マスキング・パーツ取外し
作業工程5

磨き作業時にゴムやモール部分を保護するために、細部までしっかりマスキングします。
また、ナンバープレートやワイパーアームなど、磨きで邪魔になるパーツ類は外します。

 

ここまでが磨き作業前までの流れです。

  • STEP 6  磨き(ポリッシュ)
作業工程6

磨きは、コーティングの下地になるボディー表面の塗膜調整となるもっとも大切な作業です。
何千台もの車を磨き上げてきた、われわれビビッドにおまかせください。
ボディーの状態を見極め、コンパウンドとバフ、ポリッシャーの組み合わせを選択します。 バフの面圧や回転数を微調整しながら、じっくり時間を掛けて丁寧に磨き上げます。

 

  • STEP 7  脱脂&エアブロー
作業工程7

磨き作業後、ボディーに残った残留油分をしっかり除去します。
この作業がコーティングの定着率を確実に高めます。
さらに、ボディーのディティールに残っている水分をエアブローにて完全に飛ばします。

 

各種コーティングへ

  • STEP 8  コーティング塗り
作業工程8

溶液にて、コーティングしていきます。
ドアの内側、ホイルなど隅々まで均一に施工をします。

 

  • STEP 9  焼付け
作業工程9

コーティング作業の1番大切な工程です。
当社では、通常の赤外線ではなく、焼付けにより適してる近赤外線中波を使用しコーティングを焼付けます。
コーティングの定着を早め、同時に被膜強度を上げ、強化させたコーティングになります。

 

  • STEP 10  拭き上げ
作業工程10

専用のクロスを使いディティールまで丁寧にムラなく拭き上げ被膜表面を平坦に仕上げることにより、深い光沢が出ます。

 

  • STEP 11  仕上がり
作業工程11

最終の仕上がりは、施工スタッフ数名でさまざまな角度からチェックを行う為、最高の仕上がりでお客様にお引渡し致します。